永久脱毛の知識 エステ、皮膚科の永久脱毛〜口コミ最新情報

皮膚科の医療レーザー脱毛について解説しています

皮膚科の医療レーザー脱毛

皮膚科の脱毛で使用している機器は大きく2つに分かれます。ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザという機器で、毛の太さなどで使い分けされます。この2つの違いは、ダイオードレーザーに比べアレキサンドライトレーザーの方がメラニン色素に強く反応するという点と皮膚にあてるスポットサイズの違い、レーザー放射時に出る冷却温度の違いなどです。

エステサロンでは、サロン自体が男性用、女性用で分かれていますが、皮膚科はどちらも訪れますので、毛の太い男性と細い女性の脱毛では2つのレーザーの使い分けが必要のようです。どちらを脱毛に使ってもレーザーで火傷をすることはありません。皮膚科での医療レーザーによる脱毛は、非常に安全な脱毛だと言えます。

レーザー脱毛は、皮膚の下の毛根を熱で破壊します。毛には生えてくる周期がありますから、1ヶ月に1度というように定期的に行わないといけません。しかし、レーザー脱毛は、永久脱毛に近いと言われており、一度通ってキレイに脱毛しておくと、ほとんど生えてきません。 皮膚科で脱毛を行うというと、医師や看護士の下に行われますので安心して任せることが出来ます。

Copyright 2008-2012 永久脱毛の知識 エステ、皮膚科の永久脱毛〜口コミ最新情報 All Rights Reserved.